ル・コルビュジエの色彩世界

空間を定義づけるカラー・キーボード

建築のための色彩設計

ル=コルビュジエ(Le Corbusier)、本名シャルル=エドゥアール・ジャンヌ・レ=グリは1887年に、時計職人の父とピアノ教師の母の次男としてスイスで生まれました。はじめは父と同じ時計職人を目指し、美術学校で彫金と彫刻を学んでいましたが、在学中に住宅の設計に参加した事をきっかけに、建築の道を志すようになります。幼い時から音楽や美術といった様々な芸術に触れ、職人としての訓練も受けていたことが、のちに世界的影響を及ぼすコルビュジ建築の礎となったことは言うまでもありません。

建築家だけでなく画家でもあったコルビュジの芸術的素養をベースに、カラー・パレット「Polychromie architecturale(建築のための色彩設計)」は生まれました。元々はスイスの壁紙メーカーの依頼を受けてコルビュジ制作した壁紙用の色見本帳であり、1931年と1959年の2度にわたって発表されました。

コルビュジは建築における色彩を、芸術的直観に依存した観念的なものに留めず、空間に視覚的効果を与える機能の一つとして分析し、理論的に体系づけて世に送り出したのです。

ル・コルビュジエ (1964年撮影)

63色のカラー・パレット

カラー・パレットの63色には全て、コルビュジエがその豊富な経験と卓越した見識を以て厳選した、歴史的、芸術的、連想的な背景があります。そしてこれを適切に組み合わせることで、誰もが「コルビュジエ的」な建築を作れるように構築されたツールが、次に紹介する「カラー・キーボード」です。

クリックすると色名と説明を表示します。
32001
32010
32011
32012
32013
32020
32021
32022
32023
32024
32030
32031
32032
32033
32034
32040
32041
32042
32050
32051
32052
32053
32060
32080
32081
32082
32090
32091
32100
32101
32102
32110
32111
32112
32120
32121
32122
32123
32130
32131
32140
32141
32142
4320A
4320B
4320C
4320D
4320E
4320F
4320G
4320H
4320J
4320K
4320L
4320M
4320N
4320O
4320P
4320R
4320S
4320T
4320U
4320W
Scroll Left
Scroll Right

色彩の織り成す鍵盤(キーボード

コルビュジ・カラーの魅力は、色単体だけでは語れません。その神髄は、「複数の色を組み合わせる」ことにあります。

「Polychromie architecturale」の名前の通り、コルビュジはこれらを建築に用いる色彩として想定しており、色を選ぶにあたっては、空間の中で色がどのように配置されるか、それによってどのような効果がもたらされるかということに重きを置いています。その効果を体系づけたものが、「カラー・キーボード」と呼ばれる13種類の色の組み合わせです。

「キーボード」という名前は単なる比喩ではなく、コルビュジが元々、色彩を音階になぞらえて、空間に及ぼす効果と機能別に「色階」としてカテゴライズしていたことに由来します。音が組み合わさることで音楽が生まれるように、色を組み合わせることで一つの空間を定義づけるという、コルビュジ建築の理念がこの名前には込められています。

13種類の雰囲気(ムード

「カラー・キーボード」はテーマ別に13種類の「ムード」に分けられますが、1931年版と1959年版では構成が異なっています。

43色から作られた1931年版のキーボードは、自然や歴史的事物から取ったムード「空間」「天空」「ベルベットI, II」「壁I, II」「砂地I, II」「風景」と、特に雰囲気を定義づけられていない「格子I, II,III」の計12種類。各キーボードは「背景色」と称されるベース・カラー3色と、差し色となる「前景色」14色で構成されており、背景色から2色、前景色から1~3色を選別して組み合わせることで、テーマごとに空間の色彩設計が成されるという仕組みです。

一方、1959年に追加された20色は、組み合わせのバリエーションを拡げるために追加されたもので、これそのものが一つのキーボードとなっています。20色はどのようにでも組み合わせられることはもちろん(推奨は2~4色)、1931年版の43色とも全て調和するように選ばれました。

カラー・キーボード 一覧

コルビュジのカラー・キーボードを、ムード別に一覧にしました。

以下の手順で、あなたの建築に最もふさわしいカラー・コンビネーションを見つけてみませんか?

  1. 「ムード」(空間の色彩テーマ)を決める。これにより、背景色と前景色が決まる。
  2. 背景色を2色選ぶ。この2色は、上下に連続した組み合わせのみ選べる。
  3. 前景色のキーボードから1~3色選ぶ。複数色を選ぶ時は、必ず左右に連続した組み合わせにする。
  4. 選抜した2色の背景色を縦軸に、前景色を横軸に配置して交差するように組み合わせる。

◆1931年のカラー・キーボード

各キーボードごとに「ムード名」「背景色」「前景色」と並んでいます。「前景色」は左右にスクロールできます。

ムード

背景色

前景色

空間

32023
32022
32024
                                          

天空

32033
32032
32034
                                          

ベルベットⅠ

32013
32001
32012
                                          

ベルベットⅡ

32013
32001
32012
                                          

壁Ⅰ

32013
32001
32012
                                          

壁Ⅱ

32013
32001
32012
                                          

砂地Ⅰ

32082
32131
32060
                                          

砂地Ⅱ

32082
32131
32060
                                          

風景

32052
32051
32053
                                          

格子Ⅰ

32011
32030
32130
                                          

格子Ⅱ

32110
32120
                                          

格子Ⅱ

32120
32121
                                          

格子Ⅲ

32020
32001
                                          

格子Ⅲ

32001
32050
                                          

※「格子II」「格子III」のみ、背景色の組み合わせによって前景色が異なる2種類のキーボードがあります。

◆1959年のカラー・キーボード

全20色。この中ではどのように組み合わせても調和します。また、1931年版の43色とも全て合わせられます。